浮気調査などの様々な調査に対応している探偵事務所・興信所のポータルサイト-探偵ドットコム

探偵事務所・興信所のポータルサイト

浮気したい人の心理状況や理由を解説!浮気したい気持ちを抑える方法も紹介!

浮気したい サムネ

カテゴリー :1浮気・不倫調査

浮気したいと思っていまう人の心理状況と理由を解説します!合わせて浮気したい気持ちを抑える方法も解説しています。

世の中には人知れず浮気をしている人が多いかもしれません。
浮気したいと思う人はその時どんな気持ちでいるのか、またどんな理由があってするのでしょう。
その心理状況を詳しく解説します。さらに浮気したいと思った時に、気持ちを抑える方法も紹介します。
今のパートナー以外の他の人に心が揺らいでいる人は、ぜひチェックしてみてくさい。
相手や自分の浮気に悩んでいる人は、その時の気持ちの状態をよく知っておく事で解決策が見えてくるかもしれません。

浮気したいと思ってしまう理由・心理状況

浮気したい1

浮気したいと思うには何か理由があるはずです。一体どんな心理状況なのか見ていきましょう。

パートナーに異性として扱われていない

今のパートナーの態度が冷たかったり、長く一緒にいる事で異性として意識してもらえなくなる事があります。
そんな状況を寂しく思い、その気持ちが浮気心として現れるのです。
やはり異性として扱ってもらえないのは、自分の存在意義がわからなくなる要因でもあります。
そんな時他の人にきちんと異性として扱われる事が嬉しくなるのです。
ないがしろにせず、大切にしてくれると思い始めます。
大事なパートナーだと思っていて人から、異性として見てもらえないなら一緒にいる意味がないと思うのでしょう。

パートナーが浮気をしたから

理由の一つに相手の浮気が原因のことがあります。
パートナーが浮気をした事により、怒り・悔しさ・寂しさなどの気持ちが一気に沸き上がります。
その後気持ちが収まらず、相手に仕返しをしたいと言う気持ちが出てくる事もあるのです。
一番効果的な仕返しは相手と同じ事をする事です。
いわゆるこの場合の浮気はパートナーへの当てつけ行為と言うわけです。
この時は仕返しのための浮気なので、気持ちの無い事も多いですね。
万が一バレて責められたとしても、先に裏切ったのはパートナーの方なので大きく反論できるのでしょう。
しかしここで喧嘩になり、破局を迎えるカップルもいるのです。
2人で浮気をするのは悲劇しか生まないのであまり良い事ではありませんね。

関連記事

不倫慰謝料の相場|不倫された際の慰謝料を増やすためには?

夫・妻が不倫していた!許せないですよね。少しでも多く慰謝料を貰いたいです。ではどのようにしたら多くの慰謝料を貰えるのか。実際に慰謝料の相場はどれぐらいなのか。様々な質問に徹底回答!.....

パートナーと喧嘩をしたから

パートナーとの喧嘩も理由になります。
ちょっとした喧嘩なら相手の気を引こうとわざとしたり、出来心で他の人にフラフラ行ってしまうことがあります。
気持ちが落ち着くと元のパートナーの元へ帰ってくる場合もあります。
イライラした気持ちを浮気したいで発散するのですね。
しかし何度もひどい喧嘩を繰り返したり、完全にパートナーに嫌気がさした時は新しいパートナーを求めて浮気に走るのです。
いくら喧嘩をしても、大切に思っている人ならば誠実に向き合う気持ちが必要です。
自分ではただの喧嘩のつもりでも、相手の浮気心に拍車をかける事になりかねません。

魅力的な異性が現れたから

単純な理由として、本命の相手より素敵な人が現れた場合気持ちが動く事があります。
魅力的な人に惹かれるのは誰にでもある事です。
その時に今のパートナーへの気持ちより、大きく上回ってしまった時浮気したいと言う気持ちになるのです。
気が多い人はこの心理状況になる事が多く、頻繁に浮気をしがちな人もいます。

興味本位で1回だけしてみたい

パートナーと別れるつもりなどなく、ただの興味本位で浮気をしたいと思う事があります。
今の相手としかお付き合いの経験がなかったり、他の人はどんな感じだろうと思い興味が沸く人もいるのです。
ちょっとしたドキドキ感を経験したいのですね。この場合は気が済むとあっさり浮気相手と別れ帰って来たり、一晩だけの浮気の場合もあるでしょう。
少しの火遊びなら良いだろうと、罪悪感よりワクワクした興味の気持ちが大きくなるのでしょう。
しかしこの興味本位の行為が大切な人との別れにつながりかねないのです。

セックスレスだから

セックスレスも大きな理由になります。
体の関係があまりなくなると、それを埋めるために浮気したいと思うようになります。 寂しさも大きく、自分を満たしてくれる人を探すのでしょう。
本命のパートナーは条件が良いのであえて別れずに、浮気相手とは体の関係のみと言う人もいるかもしれませんね。
この理由を見るとカップルにとって体の関係も重要な事だと言うのがわかります。

もし浮気をしてしまったらどうなる?

浮気したい2

もし本当に浮気をしてしまった時、自分の気持ちや相手の行動に一体どのような事が起こるのでしょう。
浮気をした本人の気持ちや、2人の今後の関係性を詳しく解説していきます。

とてつもない罪悪感を抱く

浮気をした後、パートナーに申し訳なくとてつもない罪悪感を感じる事があります。
他の異性と関係を持つ事は相手への裏切り行為であり、心底傷つける行為でもあるのです。罪悪感を感じるのはまだパートナーへの気持ちがあるのです。
この時にパートナーへの本当の気持ちに気づく人もいるでしょう。
とんでもない事をしてしまったと、自分を振り返り反省する機会にもなります。
浮気をやめた後も罪悪感は消えず、ずっと残るでしょう。
その事をパートナーへ言うか言わないかで、その後の付き合い方が大きく変わります。
言って許してもらえるパターンもありますが、どうしても別れたくない人は言わずにモヤモヤした気持ちを墓場まで持って行くしかありません。
どうするかは本人次第ですね。どちらにしても浮気に罪悪感は付き物なのです。

相手にも浮気されてしまう

自分が浮気した事が相手にバレると、相手の怒りを買うのは当然です。
怒られて許してもらえるなら幸いですが、その怒りが相手を浮気に走らせる可能性があります。
あなたがしたならこっちもいいでしょ、と言われたら反論できませんね。
たとえ喧嘩になったとしても、何を言っても説得力がありませんから遊びのつもりの浮気が厄介な事になるかもしれません。
もし相手の浮気が本気になってしまった時、別れを宣告されるかもしれないので覚悟が必要です。

バレたら離婚・振られる

もし浮気がバレてしまった時、離婚や振られる可能性は高いです。
一度の浮気も許せないという人は結構いるのです。
浮気をした事でパートナーを幻滅したり、もう触られたくないと思う人もいるでしょう。
一度浮気されたら別れると最初から決めている人もいます。
そうなったら元に戻るのはかなり難しいです。
相手を相当怒らせ、とても罪な事をしたと言う事実を受け止めることです。
いくら反省しても相手に伝わらない時は、あきらめるしか道はなさそうです。
また、浮気がバレて離婚になってしまった際には、慰謝料も請求される可能性がとても高いです。

慰謝料を請求される可能性がある

浮気をした人の中には慰謝料を請求される場合があります。
この場合は結婚して家庭を持っている人がほとんどでしょう。
離婚と共に慰謝料請求が多いです。ほんの出来心の浮気だった場合、この出費はかなり痛いものになります。
さらに子供のいる家庭の人はさらに養育費の請求も来る事になります。
なんだか踏んだり蹴ったりな感じですが、悪いのは浮気をして相手を傷つけた方なのでやむを得ません。
また結婚をしていないカップルや離婚までしない夫婦でも、慰謝料と称して値段の高い高級品を買わされるなんて事もあるようです。
浮気の賠償はとても高いと肝に命じておきましょう。

関連記事

慰謝料請求|不倫相手にも高額請求!慰謝料が増額する要素を公開!

慰謝料請求するにはどうしたらいいの?その疑問にお答えします!不倫相手からも慰謝料を貰う為の条件や、慰謝料が増額する要素の他に、DVや暴力といった不倫以外の離婚の際の慰謝料が貰えるケ.....

浮気したい気持ちを抑える方法

浮気したい3

浮気心や浮気癖のある人は、ちょっとしたきっかけや出来心の事が多いです。
そんな気持ちを抑えるためにはどのような事に気をつけたら良いのでしょう。
気持ちを抑える方法を覚えておくと良いですね。

出会いの場や誘惑のある場所に行かない

人との出会いが多ければ、それだけ必然的に浮気の誘惑も多くなります。
異性の来る飲み会やパーティーは避けるのが良いですね。
その場の雰囲気に流されやすい人や、惚れっぽい人は特に気をつけてください。
異性とのお酒の入る席は出会いと誘惑の宝庫です。
結婚やパートナーがいるのにそれを隠して飲み会に来る人は結構います。
人数合わせなどで頼まれることもあるでしょうが、しっかり断る勇気を持ちましょう。お酒が入る前に相手の顔を思い出す事ですね。

浮気のリスクを真剣に考える

浮気をしたあとその後どうなるかを真剣に考えてみてください。
一回の浮気で沢山の大切な物を失うかもしれないのです。
パートナーや家庭、お金や周りの信用など考えてみると怖くなる人もいるでしょう。
最悪の場合、浮気相手を妊娠させたり妊娠してしまったりする可能性もあるのです。
そうなったらただの浮気では済まされません。
既婚者の浮気の場合は、離婚になり慰謝料も請求されてしまいます。
自分だけでなく周りの人を深く傷つける結果になるかもしれないのです。
取り返しのつかない結果になってからでは手遅れです。
浮気をすると言う行為は、周りの人も巻き込んでしまう事も多いにあります。
リスクをきちんと考える事で、浮気をしたいと言う感情を引き留める事ができるかもしれません。

パートナーに気持ちを伝えて解決する

浮気をしたい気持ちの原因が寂しさや相手への不満の場合、パートナーに自分の気持ちをきちんと伝えてみましょう。
話し合う事で相手の理解を得る事ができるかもしれません。相手も自分の行動が原因だった事に気づく良いチャンスです。相手と本音で話し合うのはとても大切です。気持ちを伝えると、すれ違っていたり分からなかった相手の気持ちを理解できるきっかけになるのです。小さな事でも良いのでマメに気持ちを伝えるようにしましょう。
やはり分かり合おうとする気持ちは、関係を長続きさせる良い方法なのです。
お互いがお互いを必要としている事がわかると、自然と他の異性への感情も薄れていくかもしれませんね。
浮気癖のある人は、浮気しやすいからいつも引き留めてと言っておくのも一つの手ですね。
勇気を出して自分の本音を相手にぶつけてみてください。

まとめ

浮気をしたい人の心理状況には様々な理由があるのですね。
浮気をしていると刺激があり、普段の生活とは違う楽しさがあるでしょう。
しかしどこかで誰かが傷ついている事を思い出してみてください。
本命のパートナーへの気持ちがあるなら、きっぱり関係を断つ勇気も必要です。
また浮気願望のある人は、その後どうなるかをしっかり考えましょう。
そうすることで本当に大切な人が誰か見えてくるはずです。

関連記事

浮気と不倫の教科書|浮気する人の理由・特徴・きっかけまで解説

男女が一緒にいることでどんな場面でも起こりうる浮気・不倫。 今回は浮気と不倫の原因や対処法、浮気による離婚の方法まで全てを徹底解説します! 不倫されているパートナーに悩まれてい.....

関連するタグ

浮気不倫浮気・不倫

浮気・不倫調査に関する探偵トピック

関連するタグ

調査カテゴリー

探偵事務所ランキング