浮気調査などの様々な調査に対応している探偵事務所・興信所のポータルサイト-探偵ドットコム

探偵事務所・興信所のポータルサイト

浮気を許す方法と浮気を許した夫婦・カップルのその後

%e6%b5%ae%e6%b0%97 %e8%a8%b1%e3%81%99 %e3%82%b5%e3%83%a0%e3%83%8d

カテゴリー :1浮気・不倫調査

大切なパートナーの浮気が発覚。あなたは浮気を許しますか?浮気を許す上での心の整理の方法や、浮気を許した夫婦・カップルのその後について紹介!

他の異性に心を奪われてしまう浮気は、パートナーとして許せるものではありません。
裏切られた感情や情けない感情、様々な感情に押しつぶされてしまう人も多いでしょう。
しかし、世の中の夫婦やカップルの中にはその事実を乗り越えている人もいるのです。
なぜ、浮気を許すことができたのか、また、その時の心の整理術はどのようなものなのか、さらに浮気を許した夫婦やカップルはその後どのようになったのかを詳しく解説していきます。

浮気が発覚した後にあなたが取れる選択肢

浮気 許す1

パートナーの浮気が発覚した時、あなたはどのような行動を起こすでしょうか。
浮気を許せずに別れを選ぶのか、それとも再構築するのかを選択することができます。
今回は、あなたが取れる選択肢について詳しくまとめました。

選択肢①:浮気した事を許し、もう一度やり直す

メリット

メリットとして考えられるのが、浮気を許したことを相手が真摯に受け止め、二度と同じ過ちを繰り返さないことを決意させられることでしょう。
これは人によるかと思いますが、相手が受け入れてくれた事実が心に響き、改心する人もいるようです。
また、発覚前の関係上の優劣が変わることで、強気に出られるようになることもあるでしょう。
1つの大きな壁を乗り越えたことで、結びつきが以前よりも強まる可能性も高いのです。
浮気をしたものの、やり直す選択をするということは現パートナーのことが浮気相手よりも必要であると判断したことにもなりますので、優越感に浸ることもできるでしょう。

デメリット

もう一度やり直すことを選択しても、どうしても心の中で浮気をした事実を受け止めることができない場合、デメリットの方が大きいかもしれません。
事あるごとに浮気の心配をしなくてはいけない為、束縛が強くなってしまったり、相手の行動を把握しようと動いてしまう人もいるようです。
その為、以前に比べて関係性が悪化し、喧嘩が増えてしまうなどのデメリットがあるでしょう。
再構築をすること自体はとても難しいことであり、一度裏切った相手を再度信用することはかなりの精神力が必要となってきますので、一度やり直しても別れてしまう夫婦やカップルも多くいるようです。

選択肢②:浮気のことを自分だけにとどめて気づかないふりをする

メリット

浮気の事実に気付いていても、パートナーに対して伝えない選択をするメリットは、関係性に変化を与えないことにあります。
気付かない振りをしている以上、パートナーは浮気をしている事実を悟られていないと思っていますので、自然な関係を続けることができます。
また、パートナーから別れを告げられない以上、別れる気はないと判断できますので、いずれ浮気相手と別れる気持ちがあるのかもしれません。
パートナーを責めないことで、関係を円滑にすることができますし、無駄な争いもなくなります。

デメリット

浮気の事実に気付いているのに、今まで通りの関係を続けることに精神的に病んでしまうことがあるでしょう。
心のどこかで「浮気相手と会っているのではないか」「まだ関係が続いているのではないか」と常に疑心暗鬼の心と対峙していかなければなりません。
また、パートナーの行動に対して一喜一憂しなくてはいけないことも多い為、精神的な負担は相当でしょう。
そのままの関係を続けたい気持ちはあるけれど、心のどこかでその事実に触れてはいけないと張り詰めてしまう人も多いでしょう。

選択肢③:浮気の事実から目を背け自分がやりたいことに専念する

メリット

事実から目を背けて、自分のしたいことを優先することでパートナーへの依存度が下がります。
パートナーがどんな選択をしたとしても気にならないぐらい自分の事に没頭することができるのであれば、もし別れを告げられたとしてもダメージを減らすことができるでしょう。
また、自分の時間を充実させることで、自信をつけることもできますし、その事実がどうでも良く感じられるようになる人もいます。
パートナーのことを頭から排除して生活をすることで、関係性も変わってきますし、自分のやりたいことに専念している姿がパートナーには魅力的に映り、浮気を解消して戻ってくる可能性もあります。

デメリット

事実を知っているのにそれから目を背けるということは、パートナーと向き合うことが怖いからです。
もし問い詰めたとしたら、どんな答えが返ってくるのかと悩み、背け続けることは精神的に追い詰められてしまいます。
気にしないように自分のしたいことを優先していても、心のどこかでその事実がネックとなり、やりたいことに専念できなくなってしまうこともあります。
また、自分のやりたいことが明確にわからない人にとっては、中途半端な行動がまた自分を苦しめてしまうこともある為、注意が必要です。

選択肢④:離婚・別れる

メリット

事実を確認し別れることを選択した際には、そのようなパートナーと別れられたことで前向きに行動することができるようになります。
自分自身よりも浮気相手を優先していたことや、ないがしろにされていた事実をしっかり受け止めることで新たな恋や出会いへと積極的に行動することができるでしょう。
浮気をしたパートナーがもう二度としないと訴えたとしても、またする可能性もあるわけです。
一度したことは二度も三度もある可能性が高いですから、それに付き合って無駄な時間を過ごすぐらいなら、すっきり別れてしまった方が自分の人生を大切にできます。
理性の働く人であれば、当然その誘惑に対しても勝つことができるのですから、それに負けてしまった以上、パートナーにとって自分は一番大切な存在ではなかったということです。
その事を踏まえるのであれば、自分を大切にしてくれるパートナーを新たに見つける方がどれほど有意義であるかを考えてください。

デメリット

パートナーが浮気をしたとしても、自分の気持ちはまだパートナーにあるわけですから、別れを選択することはとても辛いものです。
自分が至らなかったからされてしまったのではないかと後から自分を責めてしまったり、後悔に苛まれてしまうこともあるでしょう。
また、パートナーから「やり直したい」「お前しかいない」などの甘い言葉をかけられると一度決めた気持ちが揺らいでしまうこともよくある話です。
別れを選択するのには相当な覚悟と、人を裏切ったパートナーとはもう二度と関わらないぐらいの強い意志がなければ、別れを選ぶこと自体デメリットばかりになってしまいます。
自分の気持ちとしっかり向き合って、選択することが大切です。

関連記事

浮気された!とってはいけないNG行動は?別れる?やり直す?

浮気されたと知った時、ショックですよね。自信を失い、裏切ったパートナーをもう信じられなくなったりして落ち込んでしまうと思います。でもそんな時、実はパートナーにすぐ問い詰めてはいけま.....

それぞれの選択肢にあっている人の特徴・タイプ

浮気 許す2

浮気が発覚した後の選択肢は、人それぞれの性格やタイプによって最善の選択が変わってきます。
そこでそれぞれの選択肢はどのような性格・タイプの人に合っているのかをご紹介していきます。

選択肢①「もう一度やり直す」を選ぶと幸せになれる可能性が高い人物

人によっては選択を間違うと自分の首を絞める結果になってしまうことがありますので、まずは自分がどのような人物であるかを見極める必要があります。
「もう一度やり直す」選択ができるタイプは、我慢強く、相手の気持ちを優先させられるような人です。
自分の気持ちよりも相手の気持ちを理解してあげようとできる人は、やり直すことを選択することで、パートナーが改心し気持ちが戻ってきてくれる可能性が高いでしょう。
逆に言えば、自分の気持ちを優先させるタイプの人がやり直したとしても、浮気をされた事実を元に相手を責めてしまったり、自分がどれぐらいショックであるかを前面に出してしまう為、結果としてうまくいかなくなってしまいます。
自分のところへ戻ってきてくれる為なら、我慢ができるタイプであれば、「もう一度やり直す」選択は正しい判断と言えるかもしれません。
ただし、好きだから別れたくないという気持ちも大切です。好意があるのに無理に別れを選択してしまうと、それが自分を追い詰めてしまうことになりかねません。
その為、浮気をされても嫌いになることができない人も「もう一度やり直す」選択をしても良いのかもしれません。

選択肢②:「気づかないふりをする」を選ぶと幸せになれる可能性が高い人物

「気づかないふりをする」ことを選択すると幸せになれるタイプは、必ず自分の元に戻ってきてくれると自信がある人です。
ちょっとのことであれば気にしない人であり、パートナーがよそ見をしているぐらいの気持ちで見られる人はこの選択でも問題ないでしょう。
また、浮気性なパートナーを持っていると変に慣れてしまい、大事にせずに傍観できるタイプの人もいます。
どちらにせよ、答えを早急に求めるタイプの人にはこの選択は向いていないので注意してください。
実際には、気づいているけど敢えて伝えないというニュアンスをパートナーに見せ、パートナーの改心を待つスタイルですから、ちょっとのことでも気持ちが揺らいでしまうタイプの人には難しいテクニックです。

選択肢③:「自分がやりたいことに専念する」を選ぶと幸せになれる可能性が高い人物

浮気の事実を知っていてもパートナーに追求することなく、また気づかないふりもせずに、自分のやりたいことを優先し専念するタイプに向いているのはパートナーに依存心がない人です。
パートナーがいても、自分の時間ややりたいことを優先することが当たり前な人にとっては、パートナーへの依存度が低い為この方法をおすすめします。
依存度が高い人はこの選択をしても気持ちが落ち着かなかったり、逆に意識してしまい専念したいことに専念できなくなってしまいますのでやめましょう。
パートナーと適度な距離が保てることができる場合は、パートナーのことを一端忘れ、自分のしたいことを優先し、魅力を高める時間に充てることができます。
魅力が増したことによって、パートナーが改心してくれることもあるでしょう。

選択肢④:「別れる」を選ぶと幸せになれる可能性が高い人物

パートナーのした事実を許すことができない人は、別れを選択することが幸せになれる鍵です。好きだからこそ、裏切られた時の気持ちというのはとても苦しいもので、愛情だけではなく憎しみも生まれてしまいます。
特に、付き合いが長いカップルや結婚生活が長い夫婦にとっては、パートナーへの信頼度も相当なものですから、その気持ちをわかっている上で行為に及んだことは簡単に許せることではありません。
夫婦の場合は、子供や生活のことを考えて我慢をする人もいますが、ストレスを抱えたまま生きていくことになりますし、夫婦にとっても家族にとっても良いことはないのです。
愛情があればあるほど、別れを選択した方が幸せになれる可能性が高いと考えることができます。
好きだからこそ別れないという選択もありますが、実際にはその気持ちは持続することが困難である場合が多く、結果的にお互いに疲弊した状態で別れることになるパターンも多いようです。人の信用は簡単に取り戻せるものではありません。
パートナーを信用してきた時間が長ければ長いほど、裏切られた時の反動は大きいのです。
逆に別れることで不幸せになってしまうパターンの人もいます。裏切ったパートナーに対して愛情が残っていることもそうですが、自分の至らなさによって浮気へと走らせてしまったのではないかと考えてしまう人は後悔することがあるでしょう。
「別れる」選択をする際には、急いで結論を出さないようにすることが大切です。後悔しない選択をするようにしましょう。

浮気を許す際の心の整理術、やるべき事

浮気 許す3

勉強になったと考える

パートナーがよそ見をしてしまった事実を「勉強になった」と考えることができると気持ちが楽になります。
特に男性の場合はどのようなタイプの人でも、チャンスがあれば浮気してしまう人は多いでしょうし、浮ついた心を持っているものです。
真面目だから絶対しないなんてことは世の中にはなく、きっかけさえあれば行動してしまうものなのです。
その事実をしっかり受け止めて、人生の勉強になったと考えることができると前に進むことができます。
ただし、何度も同じようなパートナーを捕まえてしまう人にとっては、その勉強があまり役立っていないこともありますので、人を見る目を養うことも大切です。

選んだ選択を正解にするのは自分自身だと思う

自分自身が選んだ選択に自信を持ちましょう。たとえ、別れを選んだとしてもその結論に対して、後悔しないことが大切です。
また、継続してやり直すことを選択した場合は、過去のことに囚われずに前に進むようにしましょう。
誰かに言われたからその答えを出したと責任転嫁することなく、自分自身で答えを見つけることが大切です。
自分の選んだ選択によって例え悩むことがあったとしても、選んだ選択を正解にするのは自分自身なのです。自分で選んだ答えに自信を持ち、前に進んでいきましょう。

溜め込まず発散できる場所やものを見つける

一人で抱え込んでしまうと悪い方向に考えてしまう人が多いでしょう。その為、自分の気持ちを発散できる場所や物事などを探してください。
大きな声で気持ちを吐き出してスッキリさせたいのであれば、カラオケボックスに行くことや海などもおすすめです。
また、友人と話すことで気持ちを落ち着かせることができるのであれば、話を聞いてくれる友人を探してください。
何かに集中していることで気持ちを落ち着かせることができるのであれば、時間を忘れ没頭するのも良いでしょう。
悶々と悩むのではなく、発散させることで良い答えへと導いてくれます。

私のことは本気だと思う

自分はパートナーにとって、誰よりも本気の相手であると自信を持ちましょう。順位を付けた時に必ず1番であること、どんな人よりも優れていることなどを思いつく限り頭に浮かべてください。
パートナーにとって、自分はなくてはならない相手であり、浮ついた心があれど絶対に戻ってくるものだと思い込むことが大切です。

浮気を許すことであなたの立場が優位に

ダメなパートナーを許すことで、パートナーよりも優位に立つことができます。
その事実がある前には相手を気遣ってばかりいた人にとっては、ワガママが言えるようになったり、素直な気持ちで接することができるなどのメリットもあるでしょう。
パートナーにとっては、罪悪感がありますので例え自分にとって劣勢なことでも我慢してくれるようになります。

一度も問題が起こらないカップルなんていない

カップルや夫婦にとって、喧嘩もせずトラブルもなく過ごすことは簡単なことではありません。
付き合いが長くなれば、お互いに遠慮がなくなってしまったり、相手を気遣えなくなってしまいます。
長く共に過ごす為には、色々な困難を乗り越えて絆を強くしていくことが大切です。
その中の一つであり、この壁を乗り越えることによって、お互いの結びつきが強くなるのだと前向きに考えましょう。

浮気に本気になって全て壊される前でよかったと考える

パートナーにとって、本気になる前に気付くことができて良かったと考えましょう。
本気になってしまってから発覚していたら、別れという選択しかなかったかもしれません。
その為、まだ浮ついた心ぐらいで済んでいることを良かったと思い込むようにしましょう。
発覚が遅くなることで、二人が築き上げてきた時間が壊されてしまってはたまりませんから、その前に気持ちの再構築を図ることができたことを良しと考えるようにしてください。

カップルの間でもルールを作ろう

一度起こってしまったことをしっかり受け止めて、カップルや夫婦の間でルールを作る切っ掛けにしましょう。 今までは信頼関係だけでお互いに過ごしていたかもしれませんが、一度破たんしてしまった関係性を元に戻す為にはルールが必要です。
次に同じことをした場合にはどうするのかをしっかり決めること、また別れを選択することも視野にあることを提示し、お互いに歩み寄りつつパートナーへ釘を刺しておきましょう。

浮気によるリスクを2人で理解する

パートナーにとってはちょっとした遊び感覚だとしても、その相手が本気になってしまうことがあります。
人によっては現パートナーと別れさせようと画策したり、相手を陥れようとする行動に走ってしまう人もいるでしょう。
遊びの気持ちでも厄介な人物に当たってしまうリスクがあること、その相手を傷付けてしまうことがあることもしっかり話し合ってください。

あなたにも何か反省すべき点がなかったか考えよう

浮気をされた側にも問題点や反省すべき点がなかったかを考えてみましょう。
パートナーをないがしろにしていなかったか、気遣えていたのかなど自分のことを振り返ってみると案外思い当たることがあるものです。
自分の反省すべき点としっかり向き合い、改善していきましょう。

浮気を許したカップルのその後

浮気 許す4

浮気をしてしまった事実は変えることができません。
「相手の浮気を許す」という選択をした人たちはどのように過ごしているのでしょうか。
浮気を許したカップル・浮気を許した夫婦のその後がどうなったのかを例を挙げてご紹介します。

明るく振る舞いやり直した例

された側としては許したくない気持ちはあるものの、明るく振る舞い続けることに専念をした女性がいます。
例えば、別の女性から電話がかかってきた時には明るく「誰?ちょっと代わって!」と楽しそうに接したり、彼の友人の前でも「この人は放っておいたら何をするかわからないから」と軽い感じで話したりしていました。
彼女はその事実に深刻にならず、あくまでも明るく過ごすことを優先しつつ、相手をなじるような行動で怒りや心の傷を癒してきました。
そのような姿を見た彼が、その行動に耐えられずに「本当に勘弁してほしい」「ここまで言われるぐらいならもう二度としない」と改心。
その懇願を受け入れて、晴れて仲直りをすることができました。
その後、二人は結婚したそうです。ポジティブな気持ちを持ちつつ、相手をなじり続けることで怒りや虚しさの感情を与え、ストレスを発散していたようです。 ネガティブにネチネチ伝えていては相手も疲弊してしまいますので、勤めて明るく接することが関係を好転させたのかもしれません。

自分がやりたい事に専念した例

こちらは夫婦の話ですが、夫の行為が発覚した後に専業主婦だった妻が一人でいるのは辛いと復職をすることを決断しました。
勤め先の環境がとても良く、働くことへ意欲的になり、夢中になり働いていたそうです。
仕事に必要な資格を勉強したり前向きに仕事と向き合った結果、その事実を考える時間が自然と減り、夫に対しての気持ちも落ち着いていきました。
夫の方も楽しそうに働く妻を見て、自発的に家事を手伝ったり、円満な関係を取り戻そうと動いてくれるようになったのです。
特に専業主婦の場合、考える時間が多い為、悪い方向へしか考えることができなくなってしまいます。
その事からも、暇な時間を作らないことが最善策と考え行動したようです。
専業主婦の立場で他の女性のところへ行かれるのはとても苦しいことですが、離婚をせずに敢えて自分が行動をする発想で状況を打破することができた例でしょう。

気になる気持ちを堪え、取り合わなかった例

その事実から目を背け、徹底して気にしないことを実践した女性もいるようです。 相手の女性が別れることに納得せずにマンションのドアの前に居座っていることもありましたが、彼女は徹底的に無視をしたそうです。
彼がどこに行こうが、何をしていようがすべて気にしないで過ごすことを徹底。
「放っておいてもいずれ帰ってくる」と深刻に悩まずに過ごしていました。
そのような行動を続けていた結果、最後には彼の方が「自分への興味が薄くなっているのではないか」と不安になったり、「見限られたような気持ち」になったようです。
彼女の行動に焦りを感じた彼は、関係を修復しようと焦り、以前にも増して早い時間に帰宅するようになったそうです。
突き放す行動が好転した例です。
男性は追及されることを嫌がる人が多い為、この突き放すという行為はとても効果的です。
自分のことに関心がないと焦ると躍起になってその気持ちを取り戻そうとしてくる男性も多いようです。

関連記事

妻の不倫を見破る7つの方法!制裁を受けた不倫妻たちの最後【実録】

最近妻の様子がおかしい。不倫をしているかもしれない!そう思ってしまったら気が気でないですよね。そんな方の為に、妻が不倫をしているか見破る方法と、実際に不倫をした妻がどのような制裁を.....

まとめ

浮気をされた側にとっては、その事実を受け止めるのは簡単なことではありません。
許す・許さないの選択の前に、裏切られた気持ちでいっぱいになり、自分にとって正しい判断ができずにいる人も多いようです。
今回は、浮気を許す方法をメインに触れてきましたが、許す側の方が心を痛めていることがわかりました。
浮気された側の心にはパートナーを信用できずに悩んでいることや、その後どのように過ごすことがベストなのかでいっぱいなのです。
人を許すという行為には精神的な強さが必要です。

関連記事

浮気と不倫の教科書|浮気する人の理由・特徴・きっかけまで解説

男女が一緒にいることでどんな場面でも起こりうる浮気・不倫。 今回は浮気と不倫の原因や対処法、浮気による離婚の方法まで全てを徹底解説します! 不倫されているパートナーに悩まれてい.....

浮気・不倫調査に関する探偵トピック

関連するタグ

調査カテゴリー

探偵事務所ランキング