Logo

探偵事務所・興信所のポータルサイト

【探偵ご愛用?】特殊カメラからスパイカメラまで様々なカメラをご紹介!

カメラ サムネイル 640x430


探偵が使っているような特殊カメラ・スパイカメラを徹底解説します!普段なら絶対に使わないようなカメラがたくさん存在しています。どのような場面で使用しているのかも合わせてご紹介!

探偵といえば、お馴染みの特殊な小型のスパイカメラ。
一昔前までは、望遠カメラや、一眼レフカメラなど、運ぶのも大変でした。。
最近では、様々な機能を備えた多機能型や、暗視装置付など、映画さながらの特殊カメラが沢山あります。
なかにはまさかこれがカメラ?というようなのもあります、探偵が実際どのような場所でどんなカメラを使っているか、どんなカメラがあるのかご紹介していきます!

実際に探偵は特殊カメラ・スパイカメラを使っている?

実はこのような特殊小型カメラは、現場で頻繁に使われているというわけではありません。
探偵は普段は、普通のビデオカメラや一眼レフカメラを使用していますが、通常の機材だけでは対応できない場合の調査もあるため、探偵事務所には必ずΓ特殊機材」と呼ばれている変わった機材を常備しています。
これらの機材は普段はあまり出番がありませんが、複雑な依頼がきた際にはその効力を発揮し、通常であれば不可能な調査を可能にします。
一眼レフカメラなどは追跡調査など主に車中から撮るときに使うようです。
でも今はそれだけでは、確たる証拠をつかむのは今一つというようなこともあったりして特殊カメラは重宝されているようです。
特殊カメラの技術はとても発達しており、まさかこれが?と言うようなものまで存在しています。

どのような場面で使うことがある?

極端に調査対象者との距離が近い場合などに特殊カメラなどを使用する場合があります。
建物内に入った場合やエレベーターの中などでの撮影は普通のカメラでは難しいため、特殊カメラの出番となります。
企業関係の内部機密を探るため、浮気調査を行う際、ストーカー行為の見極め、最近ではいじめや虐待などの証拠を掴むタイミングなどにも使われています。

メガネ型カメラ

メガネ型カメラ

見たままに被写体を撮影・録画することができるメガネになっています。
メガネのフレーム部分、もしくはメガネのブリッジ部分にC CDカメラ(小型カメラ)が内蔵されており実際にメガネを手に取って観察しない限りカメラがあるとはわかりません。
これを使う時は、相手がなかなか家から出てこないなど、顔写真が撮影出来ない時にやむおえなく対象者と直に接触しなければならないときなどに使用します。
使用出来る範囲も広く、徒歩尾行、聞き込み、面取りなど様々な場面で活躍出来ます。

ペン型カメラ

ペン型カメラ

スパイカメラといえば、これ!というぐらいメジャーなカメラですね。
法廷物のドラマや映画などでもお馴染みですね。
ペン型カメラの場合、大半はフック部分にカメラが仕込まれており胸ポケットなどに入れて正面の映像を撮影します。
探偵がこれを使用する時は、メガネ型カメラ同様相手が建物からなかなか出てこない場合、顔写真が撮影出来ない時にやむなく対象者と直に接触して撮影ケースが一般的です。
また、置きカメラとして使用できるほか、万が一落としたり誰かに回収されてもカメラと気が付かれにくいというメリットもあります。

腕時計型カメラ

腕時計型カメラ

映画では有名なのに、現場で使われている所を殆ど見ないのがこの腕時計型カメラ。
名探偵コナンなんかではお馴染みのアイテムですか、画質が荒く横向きでしか撮れないと言うデメリットがあります。
ただ最新のデザインは、ベルト交換が出来たりアンティーク調のおしゃれなベルトだったり、赤外線ライト付きのタイプ、防水機能が付いた物なんかも存在しています。
ただ、使い勝手としてはレンズが時計版についてるため、角度を合わせにくいことがあります。
ボイスレコーダーとして使う方がいいのかもしれませんね、しかし見た目がかっこいいのであまり使わないけど一応は持ってるという、機能性よりも所有感を満たしているスパイカメラといえます。

ライター型カメラ

ライター型カメラ

これ昔は使われていましたが今ではほとんど使うことはないです。
100円ライターやZIPPOと見た目はほとんど同じ、ライター型カメラ。
実際に火がつくタイプのものもあるからびっくりです。
たばこを吸う方は持っていても全く不自然ではなく特におすすめ。 ライター型の特徴はシンプルな操作性。ボタンとバイブレーションのみの操作で完結。
電源ボタンの位置やバイブレーションの間隔などに慣れてしまえば振り向けない時や、とっさに撮影が必要な場合もタバコにライターで火をつける間隔でポケットから出すことができ怪しまれることはありません。
ライター型のカメラは喫煙OKな場所でしか使用できないのが少し難点。
最近ではホテルのロビーではもちろん、喫茶店やカフェ、レストランなどではほぼ全面禁煙となってるところも増えており、探偵の間でも使用する様なシーンは少なくなっていると言えます。

モバイルバッテリー型カメラ

モバイルバッテリー型カメラ

今注目のモバイルバッテリー型カメラ。
その注目の理由は、本当にスマホ充電器そのものだからです。
机の上に置いて、その横にスマートフォンを置いておけばまったく違和感がないです。
実際にスマホやデジカメを充電することもできるです。まさに探偵ツールの最先端とも言えますね。
カメラ電源のON/OFFボタンは、充電するときの電源ボタン。
モバイルバッテリー型カメラ再生のための、PCとの接続USBケーブルの差込口も実際の充電器になくてはならないもの。
録画稼働中のランプは、モバイル端末などにみられる充電中にランプにもみえちゃいます。手にとってじっくり見られても、慌てる必要はありません。

USBメモリ型カメラ

USBメモリ型カメラ

USBメモリ型カメラは本物のUSBメモリとして使えるタイプ。コンパクトなのに高性能な小型カメラです。
パソコンにそのまま挿すだけで再生・保存できるから使い方も簡単!まさに現代の探偵ツールと言っても過言じではありません。
なんといってもそのままパソコンに接続して使える利便性の高さ。
他のタイプのカモフラージュカメラなら再生するときにUSBケーブルでパソコンと接続しなければいけませんがこのタイプはパソコンに差すだけ!
録音をすることも可能で、パソコンに差しておくと充電しながら長時間録画できるところがポイント。
キーホルダータイプと言うのもあって、持ち運びがしやすくカバンはベルトのバックルにつけておけます。

置き時計型カメラ

置時計型カメラ

外部電源を使えば、24時間連続録画することが可能な置き時計型カメラ!
赤外線ライト付きのカメラは真っ暗い部屋の侵入者などをしっかり映し出してくれます。
録画するときは、レンズの位置を確かめ、置く位置(高さ)に気をつけなければいけません。 長時間お部屋を監視できるところはすごいのですが、時計の前に物を置かれてしまうとカメラのレンズが塞がれてしまうというデメリットもあります。
普段からいいアングルになるような場所に設置する必要があります。
また、録画予約機能が付いたのも存在します。あらかじめ日時を予約しておけるのでとても便利なカメラとなっております。

キーレス型カメラ

キーレス型カメラ

車の鍵の形をした特殊な小型カメラです!
こちらも探偵がよく使う小型カメラの一つです。
キーレスリモコンは手に持っていても怪しまれずに使用することができます。
駐車場などでは、リモコンそのものを向けて、スイッチを押しても「車のロックを開閉してるんだな」ぐらいにしか思われません。
外出したときに気軽に撮影出来る利便性があります。
車を持っている人なら、携帯していても全く不自然じゃないですね。
暗い所でも大丈夫なものやなかには動体探知機能というものまでついている高性能な物もあります。
これはターゲットの動きを察知して、動いた時だけに録画してくれます。
動きが無い時は録画もストップしたままなので、余分なバッテリーを使う心配もありません。
ダミーのカギがついてバレにくいのもあり、テレビに繋いで再生することも出来ます!

帽子型カメラ

帽子型カメラ

このカメラは新しい隠しカメラとして話題になっています。
なんといってもデザインが自然!どこにでもある普通の帽子となんら変わりありません。
探偵グッズとしても話題をよんでいます。
帽子として被るだけで不自然な動作が全くないのでとにかくバレにくい! 帽子を逆にかぶると、後ろ向きでも撮影・録画が可能になっています。
サイズも調節可能になっていて通気性の良いのも出ています。 専用リモコンで操作可能なので帽子に触ることなく録画ができます。

ミントケース型カメラ

ミントケース型カメラ

ポケットやカバンに入れても違和感のない軽さ、これが本当にカメラ?と驚くぐらいのサイズです。
市販のタブレットミントとほとんど同じ大きさ、オリジナルのミントステッカーを貼れば、本物そっくりのミントケースカメラのできあがり!
なんと実際にミントのタブレットを入れることもできるんです。
とても小さいのに、ハイビジョン高画質に加え、圧縮率の高い最新のビデオの技術、露出補正機能があるので、暗いところの撮影もバッチリです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
予想以上に手の混んでいる特殊小型カメラが多くあったかと思います。
全ての特殊カメラを探偵が使っている訳ではありませんが、撮影が難しい場面では、今でもこうした特殊な小型カメラは活躍しています。

探偵事務所・興信所に関する探偵トピック

関連するタグ

探偵トピックカテゴリー

探偵事務所ランキング