Logo

探偵事務所・興信所のポータルサイト

【悪徳探偵】知らないと大変なことに!?悪徳探偵の実態と見分け方!

悪徳探偵 サムネイル 640x430


探偵って何か胡散臭い気がする。。!現実問題探偵事務所の中には悪徳な探偵事務所が存在します。不当な料金を請求したり、突然連絡が取れなくなってしまったり。この記事ではそのような実態を丸裸にし、悪徳探偵事務所に捕まらないようにする為の見分け方を解説致します!

近年インターネットの広告の中には素行調査や浮気調査をしてくれると宣伝している探偵事務所が増えてきているのですが、その中には悪徳探偵と言われている悪質な業者が紛れ込んでいる事があります。
ですが一般の人は悪徳探偵と優良な探偵を見分ける事は難しいですし、それによって被害に遭遇してしまったという人も少なくありません。
今回は悪徳探偵による被害の事例を交えながら、悪徳探偵と呼ばれている業者の実態やどうやって見分けるのか紹介します。

悪徳探偵の実態

まずは悪徳探偵と呼ばれている業者がどのようなものなのか、そして悪徳探偵を利用した人たちがどのような被害に遭遇してしまったのかというところをいくつかの事例に分けながら紹介していきます。

高額な料金を請求してくる

これは比較的多い被害のひとつとして知られているもので、調査費用の相場がやや曖昧になっている探偵業だからこその実態と言えます。
例えばとある人が素行調査を依頼したところ、契約書どころか調査にかかる費用の内訳の説明もないままにいきなり調査費用を請求されたと言う事例があります。
そのまま強引に費用を支払わされてしまって契約が成立してしまったところで相場を調べてみたところ、実は相場の倍以上の費用がかかっていたというとんでもない事実が判明してしまったのです。

調査報告書が適当

ある人が浮気調査を依頼した結果、数日後に浮気調査の報告書が届きました。
ところが報告書には表紙がなく、その中身は夫と女性が一緒にいる写真のみでした。
作成者の名前も日付も書かれておらず、結局その女性との関係性が何なのか・いつどこにいて何をしている写真なのかが全く分からないというものだったという事例があります。
このような曖昧な報告書では裁判になった時の証拠能力は一切ありませんし、業者によっては報告書を偽造したり捏造するという場合もあると言われています。

途中で調査を止めることができない

通常の探偵事務所では何らかの事情で調査を中止して欲しいという場合には、その場で調査を終了させる事が可能です。
ですが悪徳探偵の場合はそれができません。
事例としては、ある人が相手の調査を依頼していたのですが調査対象となる人が海外出張をする事が決まってしまったためそれ以上調査をする事ができなくなってしまいました。そこで探偵事務所に調査の中止を伝えたところ、海外にいるはずの相手に関する調査報告書が提出された上に追加費用の請求までされてしまったというケースもあります。
このように調査を中止しないどころか、内容を捏造してまで費用を請求するという事もあるのです。

成功の定義が曖昧

これは何を持って調査を成功としているのかという部分だけではなく、成功報酬そのものの定義に関しても曖昧である事が多いです。
例えば浮気調査を依頼した際、基本的には2人でラブホテルなどに出入りしているところなど明確な証拠を獲得する事ができた時点で成功と判断される事が一般的です。
ですが悪徳探偵の場合は2人で写っている写真のみで調査に成功しているというところもありますし、契約書などに「当社の判断による」と記載して明確な定義が記載されていないという事も珍しくないようです。

最悪の場合担当者が消える

これは滅多にないケースだと言われているのですが、正式に契約をして費用も支払った後に全く連絡が取れなくなってしまうということがあります。
これは担当者だけではなく事務所そのものと連絡が取れなくなってしまうということもあり、事務所を訪ねてみるともぬけの殻であったり全く違う企業が入っていたという事例もあります。

悪徳探偵の見分け方

このように悪徳探偵による被害や実態は非常に悪質なものが多く、詐欺行為に近いような事例も少なくありません。
ですがこのような悪徳探偵にはいくつかの共通点があるため、事前にいくつかのポイントを調べておく事によってある程度見分ける事もできるようになっています。

ホームページに探偵業届出番号の記載が無い

ホームページでも実際の事務所でも、探偵事務所を経営する場合はわかりやすい場所に探偵業届出番号というものが記載されています。 この探偵業届出番号の記載は探偵業法によって定められているので、合法的に探偵事務所を運営していくためには探偵業届出書を公安委員会に提出して届出番号を受け取らなければいけないようになっているのです。
そのためホームページや事務所内に探偵業届出番号の記載がないということは、合法的に運営されていない違法の事務所であると判断する事ができます。

事務所が存在せずカフェやファミレス等で会いたがる

初めて電話などで問合せをした際、事務所ではなくカフェやファミレスなど事務所以外で会う事を提案される事があります。
このように事務所以外で会いたがる探偵事務所の多くは、事務所そのものが実在しないという可能性が高いと考えられています。
特に個人で経営されている探偵事務所の場合は事務所そのものが実在しない事があるのですが、これは詐欺行為を行っている業者に見られる傾向のひとつです。
そのため最悪の場合は依頼した費用を受け取ってすぐに消えてしまうと言う可能性もあるため、事務所が実在しているかどうかを確認しておく必要があります。

あからさまな誇大広告を行っている

ホームページの広告などで時々見かける事があるのが「成功率100%」という内容のものですが、そもそも調査や工作というのは成功率を出せるものではありません。
しかも成功率を算出しているのはあくまでもその業者ですし、比較対象がないのに成功率など当てになるものではないわけです。
このように広告にやたらと成功率に関する宣伝は過剰広告や詐欺広告に該当しているので、当然そのような広告を出している探偵事務所そのものについても信用することは出来ないと考える事ができます。

成功報酬よりも着手金のが高額

最近は着手金を無料としている探偵事務所も増えてきており、あくまで調査を開始するための資金である着手金よりも成功報酬の方が高額になっているというのが一般的です。
そのため着手金の方が成功報酬よりも高額であるという事は一般的ではありませんし、前払いである着手金を高く請求するという事は受け取った後に調査を行わずに適当な報告書を提出したり最悪の場合はそのまま姿を消してしまうという事も考えられます。

やたらと予算を聞いてくる

一般的な探偵事務所は具体的な見積もりを提示してから費用の交渉を行うのですが、悪徳探偵の場合は見積もりを提示する前に依頼主の予算を確認してくる事が多いとされています。そのような場合は予算に合わせて見積もりの費用を変更したり、最悪の場合は高額な金額を吹っかけてお金を借りてくるように脅してくることもあります。
そのため事前に予算を聞いてくるというところや見積もりを提示してこないという探偵事務所は優良とは言いがたく、悪徳探偵である可能性が高くなっています。

犯罪のような調査を勧めてくる

探偵業はどんな依頼内容であっても法律を犯すような行為はしない事が前提条件となっているのですが、素行調査や浮気調査で相手の個人情報を取得するような調査や別れさせ屋のような手法を提案してくる事があります。
これらの提案は優良な探偵事務所ではまず行われないので、悪徳探偵と判断できます。

まとめ

悪徳探偵は一度依頼してしまうとトラブルを回避することは難しくなっていますし、金銭問題についても大きな費用が関わってくるので大きな被害になりやすいです。
このような悪徳探偵によるトラブルや被害を未然に防ぐためにはまず自分たちで悪徳探偵に関する知識を身につけておくことが重要となっており、優良な探偵事務所と何が違うのかというところを把握しておくことが大切です。
そのため少しでも疑問に感じるところがあれば、相談や依頼をする前に事前にその探偵事務所についてしっかり調べておくことを強くおすすめします。

関連記事

不倫と浮気に関する大全集!不倫と浮気について徹底解剖!

不倫や浮気について関する情報を徹底的にまとめました!不倫と浮気の違いや不倫をしてしまう理由。浮気を予防する方法から離婚に関する費用や財産分与のことまで解説しています。.....

関連記事

全国展開する有名探偵事務所を一覧比較!結局大手が一番信頼できる!?

日本全国に無数にある探偵事務所の中から依頼するのにオススメの大手探偵事務所をまとめました。高い調査力や長年の実績と経験を持った探偵事務所はどこなのか!?この記事ではそんな方の疑問に.....

関連するタグ

探偵事務所 興信所

探偵事務所・興信所に関する探偵トピック

関連するタグ

探偵トピックカテゴリー

探偵事務所ランキング